Men eat men - Urban Loneliness 2021

I take photographs of everyday life in society in the style of street photography, and express it conceptually and ideologically from the perspective of "impermanence" and "Mono-no-aware."

   "Happiness is a human duty. ”(from Alan's eudaemonics)

While some people desire their own happiness and are in the midst of it, others only feel the emptiness of the word happiness and suffer from feelings of loneliness, lack of love, loss, alienation, depression, and jealousy. When you are trapped in endless barren emotions, your vision becomes narrower and narrower. Without realizing it, they choke on themselves, lamenting their loneliness and pain and asking people for help, which in turn drives people away. However, this will drive people away. It is very difficult to get out of such a situation, and it takes a lot of time.
However, the world is a "representation" of what we see, and depending on what perspective and will we have, we can see the world differently. In order to make this possible, I take a social psychological approach to the events I see in my photographs, and find the relationship between them and society. The idea is to give the viewer a social perspective rather than a first person point of view. This means recognizing diversity, allowing people to be as they are, and feeling that everything in the world is fragile and beautiful. I believe that this conscious shift in perspective to "impermanence" and "Mono-no-aware" is the path to human happiness, and my job as a photographer is to create such a series of works.
June, 2021     Taisuke Sato
 社会における日常をストリートフォトグラフィーのスタイルで撮影し、「無常観」と「もののあはれ」という視点で、観念的、かつ概念的なものとして表現しています。
   「幸福は人間の義務である。ー アラン幸福論より
 人は自身の幸福を望み、その幸福感の中にある人もあれば、幸福という言葉に虚しさを感じるのみで、孤独や愛の欠乏、喪失、疎外、憂鬱、嫉妬といった感情に苦しむ人もまたあります。際限なく不毛な感情に囚われてしまうと、視野が狭くなっていきます。そして気が付かないままに自分で自分の首を締めていき、淋しい、つらいと嘆いて人々に助けを求めるのですが、それは逆に人を遠ざけていくことになります。他人では助けようが無いのです。そしてそのような状態にあって、そこから抜け出ることはとても困難で、しかも非常に時間がかかることです。
しかし、世界というものは自分が見ている「表象」であり、どのような視点と意志を持つかによって、異なる世界をみることができるということでもあります。これを可能にするために、そこに写っている事象に対して社会心理的な考察をすることによって、それと社会との関係性を見い出すという手法をとっています。それは、一人称の視点ではなく、社会から見た視点を持たせることです。これは多様性を認知すること、人の様を許すこと、世の中の全ては儚く美しいものだと感じることであります。この「無常観」と「もののあはれ」への意識的な視点の転換が、人が幸福になる道であると考え、そのような一連の作品を作っていくことが私の写真家としての仕事です。
2021年6月  佐藤 泰輔  
Back to Top